10/28

昨日テレビを見ていて思ったことだが、タキイという種苗の会社は、江戸時代の創業で今の社長が5代目の超老舗である。

儲けることはもちろんであるが、食の安全のため、農業の振興のため、農業の環境の改善のため、そういう大義が一本通っている。

これに対して大王製紙の二代目の話が巷をにぎわしている。こちらは二代目でおそらくオーナー経営は終わってしまうだろう。

自分のやっているトレードについても、タキイのような大義とは言わないまでも、それに通じる家訓のようなものが欲しい。