7/23

閑話休題

ヨーロッパは本当の危機が来てもまとまらないのは歴史が証明している。例えば第二次世界大戦のときにドイツのヒトラーがつきつけて来たさまざまな要求を他の各国がきっぱり断らず会議ばかりやっているうちに、ヒトラーは電撃的に宣戦布告し他国が応戦する体制が整わないうちにほぼヨーロッパの半分はナチスに占領されました。

ギリシャに続いてスペインということになっているが、決してまとまらないヨーロッパということを念頭に置くと、止めはイタリアということは誰もが想像するところでしょう。第二次世界大戦ではパリにまでナチスの卍の旗がひるがえる羽目になりましたが、今回はローマ陥落ということにならないよう願いたいものです。