7/27

閑話休題

先物掲示板に書かれていたある人の今年の損益の推移

−191−27−7+6−23+10+8−1+11+7+3+3+5=−196万円

勝敗:8勝5敗(勝率61.5%)

勝ち1回あたりの平均利益:6.6万円
負け1回あたりの平均損失:49.8万円
益損比率:13.2%

仮に年初の▼191万円を外してみても

勝敗:8勝4敗(勝率66.6%)

勝ち1回あたりの平均利益:6.6万円
負け1回あたりの平均損失:14.5万円
益損比率:45.5%

いずれにしても、勝率は申し分ないのだが、この人の場合益損比率に問題がある。利食い腰は強く引かれ腰は弱く。これが相場で儲け続けるための条件であるが、この人は逆である。益損比率が100%以上にならないと相場で食っていくことはいつまでたってもできないでしょう。
この人=相場中級者によくありがちなパターン。相場のことは何年も研究していて何でも知っているのだが、いざ実践になるといろいろと知っていることがかえって邪魔になってしまう。何も知らなかった素人のときの方が儲かっていた・・・。そういう人が多いんじゃないでしょうか。かく申す私もまさにその中の一人かも知れません。