外国人売買動向について

東証が毎週木曜日に発表する主体別売買動向。4月第三週は外国人が売り越しになりました。先の3月第3週もやはり売り越し(この時は実に昨年11月第1週以来の19週ぶり)でしたがその後日経平均で1000円近い調整が起こりました。今回もそうなるのか。5月という調整が起こりやすいアノマリーがある月でもあり注目されるところ。連休期間中に海外ではさらに高値を更新してきていますがこれが今年前半の山になるのか、あるいはこのまま大した調整もなしに参議院選へ。その後に・・・というシナリオがすでに描かれているのかです。