ただの1本の矢?

当初からアベノミクスは3本の矢ではなく、1本の矢(つまり大胆な金融緩和)のみで終るだろうと踏んでいましたが、事はその通りになりつつあります。

アベノミクスが残したものは結局国債市場のボラを高めてしまったこと。これで金融市場の風向きが変われば一夜にして国債価格は暴騰、暴落するでしょう。

このような市場を見て機関投資家国債での運用を見直しつつあり、頼みの綱は日銀だけになろうとしています。

こういう状況のもと、国際機関が求める財政規律の達成を先送りしようものなら、すかさず外資格付け会社を使って日本国債に揺さぶりをかけてくることでしょう。

その時ただでさえアベノミクスによって、ボラが高まっている国債市場でどういうことが起きるかは、想像するに難くないでしょう。