ある起業家からのメール

山田です。

昨日、私の家の近くの「新三田駅」近くを歩いていると。

私は、自転車に乗った女性にひかれそうになりました(笑)。

私は、普通に歩いていました。

女性は、iPhoneをチェックしながら、自転車に乗っていたのです!

ハンドルが急に左に曲がったのも気がつかずに私のほうに突進してきました。

「危ないぞ。しっかりしろ!」と私は怒鳴っていました。

最近、自転車だけでなく、自動車運転中にも歩行中にも「iPhoneを見ながら」という人が増えて来ています。

そんな体験、ないですか?

たぶん、メールチェックしているのでしょうが、そんな大事なものでしょうか?

また、電車に乗っても9割ほどの人が携帯、iPhoneをチェックしている場合があります。

私の心の声「アホとちゃうか。」

それと。

また、昨日、印象深いメールを頂きました。

「YAMADAさん、iPhoneiPad miniだけで起業を考えていますができますか?マックエアは必要ですか?」

20歳代、元モデルの女性です。

私の答え。

「いろいろな作業をするためにソフトを入れないといけない。パソコンは必須です。」

ただ、あまりにもiPadとかiPhoneに執着があるようなので、下記のようなメールを最後に返信しました。

「それよりもA6の100円ノートを買ったほうがいいですよ。

『コンピューターは悪魔です』

iPhoneiPadもパソコンも悪魔。

どんどんと大切な時間を泥棒して、考える時間を減らす。

私は、一時期、1日パソコンを触っていましたが、気がついて、『パソコンは最小時間』にしました。

すると躍進が始まりました。

それよりも紙とペンで、集客、コピーライティング、教材作成、人脈づくりの案をだすことが大事。

なによりも大事。」

ほんとに起業を志す人にはベストのアドバイスなんだけどな。

分かってくれたかなあ。

ちょっと信じられないかもしれないですが、私はパソコンに触る時間を減らしてから、ほんとの躍進が始まりました。

それで、会社を辞めることができたようなものです。

私のインターネットでの実力を大きく伸ばしてくれたのは、大阪天満宮駅近くの「円山珈琲倶楽部」というところです。

朝、会社に行く前に、夕方に勤務を終えて帰る前に。

紙とペンでアイディアを練ったものです。

もちろん、ビジネスだけでなく、他のことにも「紙とペン」は有効です。

私は、今も喫茶店で仕事の大部分をやっています。

私の富は、喫茶店で「紙とペン」で産み出しているのです。

ビジネス、特にインターネットビジネスで大事なのは「脳だけなのです。」

だから、意識的にiPhone、携帯、パソコンから離れて「減速思考」をしないと敗北します。

まったく、パソコンに触らないという意味ではないです。

パソコンを触るときもインターネット接続を切っておくのがベスト。

余計なネットサーフィンとかしないので。

Mr.Xは、「ネット環境のない場所でパソコンで集中的にテキストを書いて、スターバックスとかに行って、一挙にメール配信をしていた。
このときが一番、仕事ができた。」と言ってました。

ご参考に。