毎日が収穫日

9坪ほどの家庭菜園をやっていますが今の時期はトマト、キュウリ、ピーマン、ナス、とうがらし、シソ、ゴマの葉、これらが毎日かわるがわる収穫できて飽きることがありません。

菜園の周りはもちろん本業の農家さんも多く、時々そちらの畑を覗いたり、話を聞いたりすることがあります。

菜園を始めてからまだ2年ですが、気づくことは農薬を使わないと、虫や病気の被害を必ず受けることです。そしてコスパだけを考えると農薬をできるだけ使って病虫害の被害を防ぐということになります。

もう一つはどうしてもかなりの確率で形が曲がっていたり、大きさが規格外の野菜ができるのですが、それらは見かけだけで味は全く何の問題もないことです。

残念ながらそばで見ていて普通の農家さんの作っている野菜はそれほど食べたくはないですね。原発放射能についてはあれほどうるさいお役所や消費者ですが、野菜(や米)に使われている農薬の実態については、あまりに知らなさすぎると思います。

そういう私も菜園を自分で始めるまでは農薬のことはわからなかったし、そもそも知る機会もありませんでした。

農薬は人体には何の害もないと言う事になっていますが、毎日三食何十年も、農薬を使った野菜とその野菜をエサにして育った牛や豚を食べていると、どういう事が起こるかちょっと怖い気がします。