終戦記念日にあたり

先週は旅行に行ったのでブログはお休みとなりました。

その間に今年も終戦記念日がやってきました。

1年に1度くらいは戦争の事を考えることがあってもバチはあたらないでしょう。

今年感じたのは日本は運を使い果たしたのではないかと言うこと。

つまり、戦争に行って死んだ人、空襲で命を落とした人。

本人だけではなくその家族。死なないまでも致命的な影響を蒙った人。

それらの多くの人たちが当時の不運と引き換えに未来の運を貯めてくれました。

その後の世代の人たちがその運を使い戦後の復興と輝かしい繁栄を築きました。

その運もそろそろ使い果たしてしまったようです。

東日本大震災により東北地方の一部の人たちはまた運の貯金ができました。

他の大多数の地域の人たちの通帳はからっぽになっています。

これから日本では良い事より悪いことの方が多く起こるでしょう。

でも、将来の世代のための運の貯金は少しずつ増えていくことでしょう。