遠いアメリカ

アメリカと日本はやはり近いようで遠い国。

今回の財政問題のドタバタ劇を見て思いました。

国の借金の額を予算とは別に議会が審議する。

そういう制度は日本にはありません。

年末に予算案が国会で承認されれば

国債の発行額も自動的に決まってしまう仕組みです。

国債の発行額そのものは予算とリンクしていて

ことさらそれだけを決めると言う仕組みはありません。

国の借金という点では日本の方がアメリカよりも

国民一人あたりからすると相当に大きな額を背負っています。

なのに日本ではほとんどそれが問題視されていない。

日本国債を主に日本の銀行が持っているからでしょう。

銀行は政府と持ちつ持たれつの関係を築くために

国債を持たざるを得ない面があります。

また国内にこれといった融資先がないために

国債を持たざるを得ない現実的な問題もあります。

そういった微妙なバランスの中に日本の財政問題は

ひとまず落ち着いているかのような様相を呈しています。