KINDLEで読む

島崎藤村千曲川のスケッチ」、太宰治津軽

この二つはKINDLEでタダで読めます

私が今かわるがわる読んでいます

奇特な人たちが青空文庫で打ち込みとチェックをやってくれている

そういう人の仕事にはひたすら感謝あるのみです

よく教育の格差が将来の格差につながると言われていますが

こういう青空文庫のような仕事はお金のない人が

かつての名文を読めるための手がかりになるはず

芥川龍之介夏目漱石。他にもタダでいくらでも読みたい放題です。

親の貧困が子供の貧困へ。さらに孫の貧困へと・・

順々につながっていく現状はやはりどうかと思います

まあネットやテレビだけでなく小説(と映画)の価値に気がついたなら

他人から手を差し伸べられるレベルからは脱却しているのでしょう・・。