アメリカの金利は右往左往

いつものことだが暇なので半日アメリカの統計をおさらいした

アメリカの金利(2年もの)は特に日本株の動向と密接な関連がある

今はFRBのQE政策で2年もの国債金利が指標としての役割を果たしていない

したがって失業率、コア消費者物価上昇率、設備稼働率から

ありうべき金利を推計することになる

それとFF金利からコア物価上昇率を控除した実質FF金利が参考になるだろう

こういう作業はどの本にも書いていないし

新聞やテレビでも誰も話題にしない

知っている人は知っているけれども

それを説明したところで聞く耳を持つ人はいないからカネにならない

(というか経済をちゃんと勉強したことがある人しかわからないだろう)

ということで結論だがアメリカの金利は現在漂流中である

インフレの入り口にいるのかデフレの入り口にいるのかわからない状況である

アメリカがインフレになるのなら日本株も上がるだろうし

デフレになるのなら下がるだろう

スルスルと上がってきたアメリカの実質金利は昨年後半から右往左往している

日経平均がウロウロして居所が定まらないのもそのせいである