相続税こそ狙い撃ちにするべきだ

来月から消費税は増税になるが、今年の年末にはさらに増税

(8%→10%)するかどうかの判断に政府は迫られることになる

民主党の時には仕分け会議がこれみよがしに行われていたが

自民党になってから仕分けで

イエローカードをもらった予算はずいぶん復活している

まあ一言で言うなら自民党の方が

民主党より官僚にやさしい政府だと言うことになる

それでいいかどうかは別として消費税であと2%ふんだくろうとするなら

たんまりお金を貯めこんでいるジジババからは

相続の時に目いっぱい税金をふんだくるべきだろう

親友の税理士に聞いた話であるが

土地や株をタクサン持っているジジババの息子や娘は

親の財産をあてにして職につかずにブラブラしている人が多いそうだ

30代後半から40代前半にかけて

こういう落ちこぼれ?中年が街にウロウロしているそうである

かわいそうと言う人もいるかもしれないが

私はこういう人にはあまり同情したくない

むしろこれから世間の冷たい風に吹かれたほうが

死ぬ時にはまっとうな生き方をしたと思えるだろう

相続税をほったらかしにして消費税だけを狙い撃ちにするなら

アベノミクスの本質である弱肉強食の本領発揮と言えるだろう