小保方さんへのバッシング

理研の小保方さんへのバッシングは尋常ではない

普通の会社なら取締役か社長が責任を取って辞める

ところがマスコミも理研も小保方さんへの追求だけ

こんなの組織としては完全に間違っている

理研は独立法人で国民の税金で運営されているのだ

小保方さんがあるまじきフライングをしたのかもしれない

しかし本人を責める前になぜ上司が責められないのか

考えられる理由はいくつかある

①小保方さんが女性である

:同じ年代の男性の研究者からは許しがたいことだ

②小保方さんはワセダである

:東大や京大からするとたかがワセダごときに・・・

③小保方さんの研究室の壁がピンクやイエロー

:チャラチャラしているやつはどこかでこらしめなければ

つきつめてみると出る杭は打たれる、これに尽きると思う

日本人はいいところがタクサンあるが

もっともいけないのは足のひっぱり合い

英語で言うとどういうことになるのかはわからないが

「シマグニこんじょう」ということだ

小保方さんのような人を「よくやった次はがんばれ」

そう言えるようにならないと日本の将来はないんじゃない?