ハツモノの枝豆を食す

春に植えたエダマメが食べごろになった

夕方に収穫して帰ってきたらすぐに湯を沸かす

その間に枝豆のサヤを外して水洗いする

そうこうしているうちに湯が沸いて枝豆をゆでる

再び沸騰してきたらザルにあげて湯を切る

塩を軽めに振ってしばらくなじませれば出来あがり

この間収穫してから1時間以内である

わかりますか?このぜいたくが。

お金では買えない、このぜいたくです

消費者と言うのはエラそうですがその実は寂しいもの

枝豆の命にあふれた濃厚な甘みとコク

そんなことも知らないで死んでしまったら

悔いが残りませんか。生産することなく消費だけじゃ。